美女たちのヌード写真集

芸能人など有名・著名人のヌード、ヘアヌード写真集が趣味のオヤジのヘアヌード写真集コレクションブログ。

カテゴリ: 女優

井上晴美 表紙
井上晴美 ヘアヌード写真集 LIVE
1999/10/15 発行:幻冬舎 定価:3,800円 撮影:篠山紀信

井上晴美 砂遠景
16歳の1991年、テレビ朝日「桜っ子クラブ」のさくら組のメンバーとして芸能界デビューした井上晴美。当時、1億円の保険を掛けるという見事なおっぱいを持つ美巨乳タレントとして人気になりましたな。そんな彼女が25歳の年に発売されたヘアヌード写真集が、この「LIVE」。

井上晴美 椅子
あっけらかんとした大胆な脱ぎっぷりと表情に、井上晴美のダイナマイトボディと、まさに爆乳と言えるほどのおっぱいが相まって本当に圧巻のひと言に尽きる! コレクションに加えて欲しいヘアヌード写真集の1冊ですな。

井上晴美 砂近景
このヘアヌード写真集「LIVE」は、井上晴美のヌードが拝める最高の写真集ですが、ひとつだけ残念なことが。それは彼女のヘアスタイル。この写真集の出版元である幻冬舎のポスターモデルを井上晴美が務めたんですが、その際のヘアスタイルがびっくり仰天のスキンヘッド! 当時、ずいぶんと話題になりましたが、このヘアヌード写真集の撮影が、ポスターの撮影を終えてからすぐだったようで、髪型はベリーベリーショート。スキンヘッドにする前の彼女のヘアスタイルだったら自分好みだったのに・・・。

井上晴美 屋外
井上晴美のヌードを映像で見たいなら、シャワーシーンと過激なベッドシーンのある「フリーズ・ミー」がオススメ。また、井上晴美の最新情報は、彼女の公式ブログ「vida simple」へ。

井上晴美のヘアヌード写真集「LIVE」が欲しい方は→アマゾンヤフオクブックオフicon

井上晴美(いのうえ・はるみ) 1974年9月23日生まれ、熊本県出身。血液型B型。身長164cm。スリーサイズ88-59-88cm(集英社「週刊プレイボーイ」1992.5.12・19超特大号より)。

tkm1.jpg
竹井みどり ヘアヌード写真集 千夜物語
1993/12/20初版 定価:3,200円 ぶんか社 撮影:奥瞬

女優・竹井みどりが、その激しいまでの女の性を見事に演じきった、待望の濃密ヌード写真集(帯より)

tkm2.jpg

tkm3.jpg
14歳で芸能界に入り、高校は堀越学園へ。その高校在学中の1975年、NHKの銀河テレビ小説「ドラマでつづる昭和シリーズ2 青春~戦中派不戦日記より~」で女優デビューした竹井みどりさん。「千夜物語」は、そんな女優・竹井みどりさんが34歳の年に発売されたヘアヌード写真集。

tkm4.jpg

tkm5.jpg
1977年にオンエアされた東映ロボット特撮ドラマ「大鉄人17」。その中で、レッドマフラー隊という軍事組織に所属し、主人公のお姉さん的存在だったのが竹井みどりさんでしたな。18歳だったのに、ほんと美しい大人の女性で、当時の男の子たちの多くの憧れの的でした。「美人」とは竹井みどりさんのためにある言葉ですな。

tkm6.jpg

tkm7.jpg
主役も何本かやられてますが、世間的評価としてはバイプレーヤーであろうと思われる竹井みどりさん。時代劇や2時間ドラマにもよく出てて、竹井みどりさん見たさに時代劇や2時間ドラマを見たのも、竹井みどりさんの裸を見たくて、大人になってから「キャバレー日記」「徳川の女帝 大奥」をレンタルビデオで借りたのも懐かしい思い出ですな。

残念なことに、このヘアヌード写真集「千夜物語」では竹井みどりさんの良さが全くもって出てません。変な色の照明を当てたり、安易な写真スタジオの背景をバックに撮影したり、あまり似合ってないかつらをかぶったり、とにかく最高の被写体である竹井みどりさんの美しさが際立ってない。自分のような竹井みどりファンは、これでも大満足ですが、できれば竹井みどりファンでない人にも竹井みどりのすばらしい美しさを伝えれるヘアヌード写真集であってほしかったですな。表紙はいいのに中身が・・・。

この写真集が気になる方は、こちらをチェック!→アマゾンヤフオク

竹井みどり(たけい・みどり)
1959年3月14日生まれ、長野県出身。血液型:A型。身長:159cm。

川島なお美 表紙
川島なお美ヘアヌード写真集 WOMAN
1993/7 ワニブックス 撮影:渡辺達生

icon 川島なお美 窓 川島なお美 窓辺の椅子
青山学院大学在学中に芸能界デビューし、1981年、女子大生ブームの走りとなる文化放送「ミスDJリクエストパレード」の初代DJの1人になった川島なお美。翌年には中京テレビのバラエティ番組「お笑いマンガ道場」の3代目女性レギュラーとなり、車だん吉とのやり取りで一躍人気タレントに。そんな川島なお美が33歳の年に発表したヘアヌード写真集が、この「WOMAN」。

川島なお美 椅子 川島なお美 立ち
女子大生ブームで一躍、時の人となるものの、そのブームが去るとともに人気にかげりが。不遇の時代が長く続くが、このヘアヌード写真集「WOMAN」の発売により再ブレイク。そして、1997年のテレビドラマ「失楽園」、映画「鍵」の濡れ場シーンが話題になるほか、趣味であるワインの大ブームと相まって人気も完全復活! 2009年には世界的に名高いパティシエの鎧塚俊彦とも結婚。しかし、順風満帆と思われた矢先の2013年、腫瘍が発覚。2015/9/24(木)午後7時55分、胆管がんのため、都内の病院で死去。享年54歳・・・。

川島なお美 モノクロ明るめ 川島なお美 モノクロ暗め
セレブな装いにお高く止まった態度で自分の立ち位置を確立したタレント・川島なお美。川島なお美のベッドシーンは大胆かつ過激で、一見の価値あり。もちろん、このヘアヌード写真集も同様です。

川島なお美の写真集を探してる方は→アマゾンヤフオクブックオフiconフルイチ

川島なお美(かわしま・なおみ)
1960年11月10日生まれ、愛知県出身。血液型AB型。身長158cm。スリーサイズ:83-58-86cm。服のサイズ:5号~7号、靴のサイズ:23~23.5cm(2013年、太田プロのプロフィールより)。夫はパティシエの鎧塚俊彦。

神楽坂恵 表紙
神楽坂恵 ヘアヌード写真集 はだいろ
2008/12/2初版 定価:3,048+税円 発行:講談社 撮影:松田忠雄

「アイドル卒業」から2年 完全(最初で最後、たったの一度)ヘアヌード写真集 「これが私の肌の色です・・・」(帯より)

神楽坂恵 浴衣

神楽坂恵 温泉
Iカップのバストを武器にグラビアアイドルから女優へと華麗なる転身を果たした神楽坂恵。世界的に有名な日本の園子温(その・しおん)監督作品「冷たい熱帯魚」「恋の罪」と2作続けて出演したが、そのことがきっかけとなったのか、2011年、園子温監督と結婚。そんな神楽坂恵が27歳の年に発売されたヘアヌード写真集が、この「はだいろ」。

神楽坂恵 アップ

神楽坂恵 パーツ
ベビーフェイスの童顔に巨乳というアンバランスな組み合わせの神楽坂恵。かでなれおん同様、カラダはそこそこ細いのに、なぜかぽっちゃりに見えてしまう。かでなれおんはぽっちゃりには見えないのに、神楽坂恵は、なぜかぽっちゃりに見えてしまう。もちろん、いい意味で。

神楽坂恵 正常位

神楽坂恵 騎乗位
この神楽坂恵ヘアヌード写真集「はだいろ」は、神楽坂恵が園子温作品で見せる濡れ場=ベッドシーンほど過激ではないが、女優のヘアヌード写真集としては、かなりしっかりと過激に見せている。

神楽坂恵が巨乳のため、おっぱいを強調するカットが多い、この写真集。おっぱい星人にはたまらない構成ですな。

神楽坂恵の写真集を調べるなら→アマゾンヤフオクブックオフiconフルイチ

神楽坂恵(かぐらざか・めぐみ)
1981年9月28日生まれ、岡山県出身。血液型O型。身長:158cm、体重:46kg、スリーサイズ:92-58-87cm。足のサイズ:24cm、ブラのサイズ:I(2010年公称サイズ)。

小島聖 表紙
小島聖ヘアヌード写真集 West by South
1999/1/13 朝日出版社 定価3,800円 撮影:篠山紀信

小島聖 砂左

小島聖 砂右
1989年、13歳でNHKの大河ドラマ「春日局」においてデビューし、若手実力派女優の1人に数えられた小島聖。1997年に公開された映画「NIGHT HEAD」で共演した俳優・豊川悦司との交際、そして破局は有名な話ですな。そんな小島聖が23歳の年に発表したヘアヌード写真集「West by South」。

小島聖 岩

小島聖 モノクロロング
圧倒的なダイナマイトボディを誇る小島聖。爆乳、そしてヘアをあっけらかんとさらけ出し、とても撮影当時21~22歳とは思えない大胆さと度胸。さすが、若くしてアイドルではなく実力派女優と言われただけのことはありますな。ちなみに、この年に発売された女優・井上晴美のヘアヌード写真集「LIVE」も撮影が同じ篠山紀信の上、似たような肉感的ダイナマイトボディ。ぜひとも、井上晴美もご覧いただきたいものです。

小島聖 万歳

小島聖 モノクロアップ
写真集の発売と同年に公開された映画「完全なる飼育」でも、その巨乳を武器としたナイスバディを披露。もちろん、竹中直人との濡れ場も大熱演! 見た者を後悔させません。小島聖ファンでなくても、ぜひ、見ていただきたい映画です。

小島聖のヘアヌード写真集「West by South」を探す方は→アマゾンヤフオクブックオフフルイチ

小島聖(こじま・ひじり)
1976年3月1日生まれ、東京都出身。血液型A型。身長169cm。公式ブログ「HIJIRI KOJIMA」。

このページのトップヘ